こんにちは、健康と美容オタクの、親方ふぅこです。

健康オタクを名乗るからには、手作りで味噌も作るし、添加物は、自宅ご飯では一切使いません。

そして基本玄米食です。しかし、玄米については、消化が悪いとか、胃腸に負担がかかるとか、人によっては合わない方もいます。そこで、酵素玄米(発酵玄米)はとても素晴らしいということを知ったので、実際に作ってみることにしました。

酵素玄米のすばらしさについては、こちらをごらんください↓

酵素玄米のメリットはその栄養価と消化の良さです。簡単にいうと、玄米以上の栄養価と白米以上の消化の良さを併せ持つお米です。
まず栄養面ですが酵素玄米は玄米同様に豊富なミネラルやビタミン、食物繊維を含みます。更に3日間玄米を寝かせることで元々玄米に含まれている酵素が更に増えます。玄米に含まれているGABAと呼ばれる栄養素もその一種ですがGABAはストレスを緩和してくれたり、血圧を下げてくれたり健康に欠かせない効果があると言われています。
食べやすさに関しても3日間寝かすことでもちもちした食感が得られ、噛まずに飲み込んでも大丈夫と言われる程消化に優しいと言われています。

http://genmai-kouso.com/2016/10/17/何が違うの?玄米・白米・酵素玄米のメリットと/

いやいや!本当に素晴らしいのです! ただ、保温を3日間しておくのと、たまに空気をいれてあげないといけない、など、色々手間がかかりますので、あまり作って食べてる方はいないのかなと。。。

私は健康オタクなので、オタクの名にかけて、「酵素玄米はじめました」(笑)

今回使用したのは、無農薬でつくられたお米「にこまる」です。

株式会社スズヤスさんか販売しているのですが、スズヤスさんは、無農薬にこだわっています。お米の他にも、つぶが丸ごと入っている、もちろん無農薬、無添加の玄米餅もあって、本当に美味しく安全な商品ばかりでオススメです。

「にこまる」というブランド米を使用しました。
通信販売してくれますので、欲しい方は是非連絡してみてください!とっても親切で、すぐに発送してくれます!

酵素玄米の作り方

さっそくですが、酵素玄米の作り方です。

  1. 玄米を洗う
  2. お水を入れる(分量は、お米に対して、お水1.5倍)
  3. あずきを1カップ入れ、お水も1カップ入れる
  4. 塩をひとつまみ入れる(お米3合に対して小さじ1くらい)
  5. 浸水(最低1時間、私は4時間ほど浸水します)
  6. 炊く(炊飯器に玄米コースがあれば炊飯器で、土鍋や圧力鍋で炊いても大丈夫です)
  7. 炊飯器で保温
  8. 1日に1回必ずかき混ぜる、そして3日寝かせる
  9. 出来上がり

わりと簡単なんですが、ただ、炊飯器を占領されてしまうので、酵素玄米専用に一台ないとダメです。

わたしは普段はお鍋でご飯を炊くので、炊飯器使わないのでちょうどよかったです。

炊き上がりすぐの状態

変化は、炊き上がりの頃よりも、色が濃くなり、塩味が効いてきます。

茶色が濃くなり、玄米の皮がなくなって白米みたくやわらかくなります。

発酵し、酵素がたっぷりになることで、玄米特有の硬さもなくなります。とっても食べやすくなります。

味もとっても美味しくって、お赤飯みたいな味になります♪

あずきがない場合は、古代米や、金時豆などでも大丈夫です。 わたしは、たまたまうちにあった、乾燥のミックスビーンズと、古代米を両方入れています。 ただし、大豆はやめたほうがいいみたいです。(大豆は発酵もそうですが、腐るのも早いらしいです)

外食の多い私は、基本的にお家でご飯のときは粗食。

今日のご飯はこんなかんじです。

無添加にこだわっています。

酵素玄米、面倒だなーと思っていましたが、意外とやってみるとハマります♪

みなさまも是非作って見てください!

最後に、作るのは嫌だけど食べたい! というかたはこちらから購入してみてください(笑)


おすすめの記事