こんにちは、健康と美容オタクの、親方ふぅこです。

2019年4月18日。父、ためちゃんが末期ガンで突然余命宣告をされました。 病名は、進行性右尿管がん 周囲の筋肉に浸潤 ステージ3から4 病院での治療は不可能ということです。ひとり娘である私が、健康オタクの名にかけて、代替治療で根治を目指します。

さて、病院Bで手術日が決まっていたのに、無輸血希望と言ったら、断わられ、その後に受診した病院Cではっきりと、余命宣告された父。

そして、もし手術するなら、札幌の病院Dがオススメと言われ、すぐに千葉から札幌に行き、病院Dに、受診しに行くことにしました。

父、ためちゃん。母、のぶこ。そして私の3人で旅行は久々です。息子の入学式以来だから、5年ぶりかな!

その息子が、現在旭川の大学生で、旭川に住んでいるので、息子も札幌の病院Dまで、学校を休んで、車を2時間ほど飛ばして、来てくれました。

滅多に、親子三世代全員揃うことがないので、家族水入らずで「楽しい旅」だと思って行こうよ!という感じでした。

紹介された札幌の病院Dはとっても混んでいて、朝一にいったのに、1時間以上待ちました。

いよいよ呼ばれて、父、母、私、息子と、家族総出で診察室に入りました。

病院Dの先生の見立ては・・・・

手術はしない

今回の父の尿管がんについて、札幌の病院Dの先生から説明を受けたのは。

「手術しません。切る意味がない。」とのこと。

父が、輸血したくないこと、抗がん剤をしたくないこと、ガンが進行していること。この3点から、先生が出した結果です。

それ以外の選択肢は、手術してから、抗がん剤で転移を防ぐというものでした。

しかし、尿管ガンは、手術で見えるところ全部綺麗に取りきれても、必ず細胞レベルでガンが残っていて、術後早期に転移の可能性が高いそうです。

高齢(76歳)ということもあるし、手術で体力が落ちているときに、すぐに抗がん剤を使用するのも本当によくないらしく、切ることで死期を早めることになりかねないと。

でもどちらにしても、かなり進行しているので、長くはないし、根治は無理とのことでした。

医学生6年目の息子も、CTの画像を見るとわかるらしく、診察が終わって、会計を待っている間、どう思うか聞いて見たのですが、病気についての話には、あまり触れたくないような感じでした。

決意、そしてセカンドオピニオンの重要性

父は、なるべく手術はしたくないと思っていたので、病院Dの先生に、「手術しません」と、はっきりと断言してもらい、「切らない決意」ができたようで、スッキリしたようです。

今回、本当にセカンドオピニオンの大切さを知りました。

ガンとわかってから3つの病院に行きましたが、

病院Bでは、「この際だから治しましょう」と、すぐに手術と言われ

病院Cでは、「手術してもしなくても余命は同じだから、どっちでもいいです、ご自分で決めてください」と言われ

病院Dでは、「手術するメリットが何もないので、手術しません」とはっきり言われ

病院によって全く治療法や提案が違うということがわかりました。

病院Bで、言われるまま手術を受けていたら、、、と思うと、ぞっとします。

私たち家族は、治る見込みがないのなら、手術や抗がん剤で苦しい思いをしたくない、そんな父を見たくない。という考えが一致していたので、はっきりと、「こういう場合は手術しません」と言い切ってくれた先生は、とても誠実に思え、信頼できると感じました。

病院Dでは、10分もしないくらいの受診でしたが、家族みんなで行って、最良の選択に繋がって、本当によかったです。

みなさんも、命に関わる病気はもちろんですが、わりと軽めのものでも、なにか腑に落ちないときは、必ずセカンドオピニオンすることをオススメします。

病気を治すのは自分だし、どうやって治すのかも自分で決めないと!って意識を持つことが大事です。

ぜひみなさんの参考になればと思っています。

そして、父の病気が治るように、みなさん暖かい目で見守って、応援してください♪

ためチャンネル始めました!

父、ためちゃんの様子や、取り入れている代替療法の紹介などなど、色々動画をあげていきますので、ぜひ見てください♪

応援してくださる方、チャンネル登録を宜しくお願いします!

                                                                                                                                                                                     

おすすめの記事