私とアロマオイルとの出会い

こんにちは。小黒富美子です。

私はヤングリヴィング社のアロマと出会い、15年経つのですが、今日は私がどういう過程でアロマに出会ったのかを書きたいと思います。

きっかけは母でした。

母が脳梗塞で病院に運ばれ、検査したところ24箇所も血管に異常があったそうで、全身の血管もボロボロでした。

しかし、病院では治療できないと言われたのです。

その理由は、脳梗塞の治療をすると、心筋梗塞になるリスクがあり、母は全身の血管がボロボロなのでそのリスクが人より高いために治療できないという結果だったそうです。

しかしどうしても良くなりたい!という母は、いろいろな代替治療を調べました。

そこで出会ったのが「ヤングリヴィング社のアロマオイル」だったのです。

詳しい方からアロマの使い方をアドバイスいただき、その時は「フランキンセンス」と「ヘリクリサム」というオイルを毎日使用し、「レインドロップ」という全身の調整をしてくれるトリートメントを受けました。

アロマに加えて、サプリメントなども併用し、「栄養」もきちんと取ることを徹底した結果。

2年後には健康になりました。

その何年か後に今度は、私が体調を崩し、パニック障害になり、病院の薬を真面目に飲んでいたらさらに悪化。玄関からでれない状態になったのです。

その時に母がわたしにもアロマを勧めてくれたんです。

 

最初は。「こんなに臭いの嫌だ!」と言って母を困らせました。

当時のわたしにとってアロマオイルはどれも「臭く」感じ、体が受け付けない感じでした。

その理由はわかりませんが、とにかく母が体にいいというので、「レインドロップ」を受けてみることにしました。

最初にレインドロップを受けた後、意味不明な発熱が続き、1週間くらい寝込みました。

しかし、その後もアロマを毎日使用していたらだんだん身体がすっきりとしてくるのを実感してきたんです。

そこからはもう臭くても気にせず使うようになりました。

3日に1度の「レインドロップトリートメント」を受け、毎日アロマの香りに包まれた生活をして、半年経ったころから、精神的にもボロボロだったわたしが生きる気力を取り戻すようになったんです。

もちろんアロマだけではなく食生活や生活習慣の見直しもしましたが、私にとってアロマは生活に必要なものになりました。

今ではどこにいくにも必ず1本はもちあるいています。

地震や火事など、災害の時、まずオイルを持って逃げると思います。

そのくらい私には必要。

もしあなたもアロマが大好きなら、健康を維持するために高品質にこだわった、ヤングリヴィング社のアロマオイルをオススメします!

 

ヤングリヴィング社のアロマオイルがどうしてオススメなのか、セミナーで詳しくお話ししています。

次回のセミナーは

2月25日 土曜日 13時半から16時

大阪市本町 TSURUYAホールにて。

お問い合わせは   fumiko.oguro@gmail.com

または 国際健康アロマテラピースクール 0432066662まで。

無料ですのでお気軽にご参加ください!

 

小黒富美子のオススメ商品